お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

お祭り育児だ!わっしょい!

うちの3歳児がご飯を食べない理由に胸を打たれた…ってハナシ。

こんにちは。matsuriママです。

うちの3歳児はむ、クラスで一番小さいです。

夫が小さいので遺伝だとは思うのですが、飛びぬけて小さいです。

まだ92cmしかありません。

(その分身軽なので運動はできるようです。)

 

そして小食。

うちの0歳児よりも食が細いくらいです。全然食べない。

 

「はむちゃん、ご飯たくさん食べないとおおきくなれないよ。」

というといつも、

「いいのよ。はむちゃん小さいほうが良いの。」

と返されていました。

 

「小さいほうがかわいいのよ。はむちゃんは小さくてかわいいの。」

いつもそう言っていました。

 

確かに、クラスの子と集まると、小さくて可愛い。笑

 

 

そんなこんなで先週末。

夫がゴルフでいなかったので、下の子を連れて3人で自転車に乗って、児童館に向かいました。

 

児童館に向かう途中、はむが突然話しかけてきました。

 

「ねぇママ。はむちゃん小さいよね?」

「そうだね。小さくて可愛いね。」

「はむちゃん小さいから抱っこしてもらえるよね?ママの腰痛くならないよね?」

「そうだね。まだ抱っこできるね。痛くならないよ。」

 

「はむちゃん、ずーっとママと父さんに抱っこしてもらいたいから大きくならないんだ。ちっちゃいままでいるんだ。」

 

 

はむ…。

ずっとずっと抱っこしてもらいたいから、ごはんもたくさん食べないらしいです。

 

「大きくなったら抱っこしてお出かけはできなくなるけど、はむが大きくなっておばあちゃんになっても、ママはぎゅーって抱きしめてあげるよ。」

 

そうはむに伝えると、

「はむが大きくなったら、はむがママを抱っこしてあげるよ。」

と言ってくれました。

 

ありがとう。ありがとうはむ。だいすき。

 

 

「あっ。」

 

突然はむが言いました。

 

「ママは一般男性だから無理だ。重いから。はむちゃん潰れちゃうよね。」

 

 

 

…ママ、一般男性じゃないし。

夫、いらんこと仕込んだし…。

 

 

…そんな素敵な週末でした。