お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

お祭り育児だ!わっしょい!

娘を1000円カットに連れて行ったら、子ども嫌いっぽい美容師に当たってしまったハナシ

こんにちは。matsuriママです。

最近うちの3歳児はむはホント女の子女の子してきました。

髪の毛を2つに結びたいらしくてしばらくの間髪の毛を切らせてくれませんでした。

 

ですが、ぼさぼさになってきたし、顔周りだけでも切りたい私。

 

保育園の近くに1000円カットがあるのでそこへ行ってきました。

 

子どものカットを担当してくれた美容師が子ども嫌いっぽかった

いや、もう一目見て失敗したー・・・って思いました。

見るからに子どもの相手がヘタそうな男性美容師に当たってしまいました…。

 

これまで美容院で髪を切る経験を2回してきた三歳の娘はむ。

最初は子ども専門の美容院。車の形をした椅子に座ってアンパンマンを見ながらカットしてもらってご機嫌でした。

 

2回目は今回訪れた1000円カットの美容院。この時は子どもの相手が上手な可愛い女性の美容師さんでした。

そう、前回良い感じだったんで今回も…と思って同じところに行ったんです。

1000円でそこそこ上手にしてもらえるなら十分って思ったんですよね…。

 

 

でも、今回の男性美容師ははむの意見をガン無視…。

 

「ハサミ顔にあたっちゃった!つめたいねぇ。」

「かがみずっと見てると恥ずかしくなっちゃう!」

 

可愛いはむの発言をガン無視・・・。見てて辛い・・・。

 

ごめんねはむ…。

大事な髪の毛を切ってもらうのに、ちゃんとしたところに連れて行ってあげればよかった…。

 

ホントにホントに悲しくなってきてしまった私…。

はむを悲しませないために、はむの発言全てに私が返事をすることにしました。

 

「ハサミひんやしりて気持が良いよねぇ。」

「かがみ見てるとどんどん可愛くなってくるのわかるよね!」

 

もう周り目なんて気にしない…はむが楽しければそれでいい。

バカな親だと思われても気にしない…はむが楽しければそれでいい。

 

 

そんなこんなで十数分、はむが発言⇒美容師ガン無視⇒私がテンション高めに返答、を繰り返して終了。

 

はむは髪の長さを短くされずに顔周りがスッキリして特に嫌そうではありませんでした。

かわいいね、かわいいね、といって帰りました。

 

 

他人に娘を傷つけられるのは許せない

普段はむを怒って泣かせたりする私。

でも他人に優しくされないとイヤ…!!

はむはスペシャル可愛い私の娘。お出かけするときは100%楽しませてあげたい。笑

 

今度髪を切るときは絶対子ども専門の所に行こう。

上手なところに行こう。

 

 

…私の弟は地元で結構有名な美容師なんですが、はむに弟に切ってもらおうよ、というと

 

「いやよ。○○(弟の名前)ヘタだもん。」

 

といって切らせてくれません。

 

いやいやうまいし…(タダだし)

 

おしまい。