お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

お祭り育児だ!わっしょい!

美味しい焼き芋をおうちでカンタンに作る方法を2つ紹介します。

 どうも!matsuriママです。

わが家の子どもたちは焼き芋がだーいすきです。

加えて私の祖母が今年もたくさんサツマイモを送ってくれました。

 

今日は、わが家が実践している、美味しい焼き芋の作り方を2つ、ご紹介します。

 

①アルミホイルに包んで魚焼きグリルで30分焼く

サツマイモは低温(70度前後)でじーっくり焼くことで甘さが増します。

蒸し芋もゆで芋も美味しいんですけど、やっぱり焼き芋のトロリ感が一番。

 

そこでおうちで手軽にできるのが魚焼きグリルでの調理。

ただ、洗ったサツマイモをアルミホイルに包んで魚焼きグリルで20~30分焼くだけです。

 

途中、楊枝で刺して火が通ったかも確認してください。

加熱後にグリル内の余熱で熱を加え続けるとさらにおいしくなります!

 

それでも簡単に美味しくできていたサツマイモ…

こんなグッズを使うとさらに簡単にあまーくなります!!

 

f:id:matsurimama:20171113230847j:image

 

 

こちら、アルミホイルの片面が真黒になっています。

黒い面を外側にしてグリルに入れると、普通のアルミホイルよりも早くトロトロ焼き芋が完成します!!

 

まだ使ったことがない方はぜひ!!おすすめです!!

 

電子レンジの200Wもしくは解凍モードでじーっくり加熱する

魚焼きグリルもオーブンもないよ~と言った場合にはやっぱり電子レンジ。

ですが、600Wの高温で加熱しすぎると甘みの少ない焼き芋になってしまいます。

 

そこで低温での加熱時間を長くするために以下の方法で加熱します。

  1. 洗って濡れたままのサツマイモを、ひたひたに濡れたキッチンペーパーや新聞紙で包む
  2. ①をラップでしっかり包む
  3. 電子レンジ600wで3分加熱する
  4. 電子レンジ200Wもしくは解凍モードで10分加熱する

加熱時間はサツマイモの大きさに左右されるので、低温(200Wや解凍モード)での加熱時間を調整してください。

 

さいごに

 おうちで作った焼き芋。子どもたちは嬉しそうに沢山たべてくれました!

 

f:id:matsurimama:20171113230859j:image

 

f:id:matsurimama:20171113230912j:image

美味しそうに食べる姿、ホントかわいい。