お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

スポンサーリンク

娘に「うるせぇな!」って叫んだら夫に怒られた。

 こんにちは、matsuriママです。

わが家には3歳の娘はむと、0歳の娘さちがいます。

下の子さちが生まれるまでは、上の子はむが可愛くて可愛くて、『下の子を可愛がれルのだろうか…』と心配するほどでした。

…が、下の子が生まれた瞬間に、バーンと100%の愛情が下の子にうつりました…!

 

 

 

 

下の子が生まれて早8ヶ月。

上の子可愛くない症候群はだいぶ落ち着きました。

 

…落ち着いたはずだったのですが、また最近無性にイライラする…。

原因は分かっているんです。

 

睡眠不足です。

 

下の子さちが毎晩1時間おきに起きる・・・。

もう、常に疲れた状態です。

 

でも、疲れてるからって怒っていい理由にはならないんですよね・・・。

 

上の子はむが保育園に行っている平日は良いのですが、3連休などでべったり一緒にいる状況、かつ夫がいる分の家事も増えると余裕がなくなり…。

 

 

日曜日、着る服が決まらないとブゥブゥごねるはむに怒鳴ってしまいました。

「うるせぇな!!!!」って。

 

もちろん、はむは大泣き。

怒鳴ったところでイライラは治まらない。最低。

 

しかも、「うるせぇな!」って言葉づかい・・・。最悪。

 

その後夫に「最近口悪い。なんでそんなにイライラするの?」と聞かれてさらにイライラ。

 

 

仕事をしているから休みの日くらい休みたいっていう気持ちはよくわかる。

だから土曜日は子ども2人を連れて外へ出かけた。

食べ終えたプリンカップをソファに置く夫。それを注意したら機嫌が悪くなった夫。

それにイライラ。

 

お母さんがイライラする原因って子どもにだけあるわけじゃない。

お母さんの心が狭いからだけじゃない。

 

他にやらなきゃいけないことがあるのに、それができないからイライラする。

約束の時間に間に合わなくなりそうだからイライラする。

 

家事なんかやらないで子どもと遊べばいいんだよ、と言われるけれど、じゃあ、その家事は誰がやってくれるの?

ソファに置いたプリンカップをはむが倒してカラメルシロップがこぼれたら誰がソファを綺麗にしてくれるの?

 

 

・・・と悶々としたのですが、夫に「そんな言い方されたら子どもがおかしくなるよ。俺、はむが『うるせぇ!』なんて言われてる姿見て悲しくなった。」と言われて、その通りだなって。

 

イライラする理由は数多くありますが、汚い言葉づかいで怒鳴られて育った子どもがまっすぐ思いやりのある子に育つのかって考えたら・・・。

 

はむが夫に怒鳴られようものなら私、どんな気持ちになるか・・・。(夫は怒鳴らない人)

 

 

子育てでイライラした時の一番の解決法は、あったかい人とおしゃべりすること

言葉づかいの汚さと着火剤のように怒ったことは本当に反省したので、夫に、「また同じようなことがあったらすぐその場で『その言葉づかいは悪い!』って注意して。」と伝えました。

 

私がそんな言葉づかいでキレるのを見て、はむもそれがOKなことだって思って欲しくないので。

 

また、「俺ははむにキレたりしないよ。」という夫に、「だって土日ちょろっと遊ぶだけなのに。キレるほど関わらないじゃん。」というと、確かに・・・という顔をしていたのでOKかなって。

(その日の晩は夜食を自分で作って自分で後片付けをしていました)

 

 

汚い言葉でブチ切れるのはもうやめよう、そう決めましたが、どうやったらイライラを鎮めることができるんだろう・・・。

 

そんな風に悩んだ時、私はあったかい人とおしゃべりすることに決めています。

 

あったかい人、それは子育てが落ち着いた年配の女性や、心のひろーい友人です。

 

今回のことも友人にちょっと相談しました。

 

「私はイライラした瞬間に怒るよ。我慢したらブチ切れちゃってそのほうがよくないし。ちょっとさっきまでニコニコ対応してくれていたのに突然ブチ切れられたら子どももわけわかんないし。ちょっとイラッとしてる段階のほうが論理的に怒っている理由を説明できるし。」

 

「怒るのと褒めるのを3:7くらいの割合にするように心がけてる。7も褒めるの面倒だからなるべく怒らないようにって思うようになった。笑」

 

「イライラする自分を反省しないよ。だってイライラするし。イライラしないお母さんっているの?反省してたら潰れちゃうよ。」

 

親身になって話を聞いてくれたり、優しくしてくれる人が身近にいると、こっちまで優しい気持ちになれます。それが心の余裕につながります。

今日ははむが激しく反抗してきましたが、ぜんぜん怒鳴ることなく優しく接することができました。優しさって波及する・・・。

 

 

子育てって、自分を成長させる

よく言うことですけど、ホントその通り。

子どもが生まれるまで怒鳴ることなんて一度もありませんでした。

私って、こんなに心狭かったんだ・・・。柔軟性ないんだ・・・。それに気づけました。

 

だからといって目の前の子どもから逃げることはできません。

 

私の目標は、娘2人と一緒にいつまでも仲良くいることです。

大人になった娘たちに、お母さん大好きって言われたい。

 

娘たちを一人前にするために、私がちゃんと芯を持った大人にならないと、毎日そう感じながら生活しています。

難しいな~。