お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

スポンサーリンク

自宅でお食い初め!レシピと準備した物をご紹介!

 どうもー!matsuriママです!

そして~

f:id:matsurimama:20170425112648j:image

こちらが可愛い娘たちです!

下の子が先日100日を迎えました!

写真は邪魔が入って1100日になりました。

 

 

上の子はむの100日の時は、遠方に住む両家の親を読んで赤坂の木曽路でお祝いをしました。

2人目だし、今回はひっそり家族だけでやろう、ってことで自宅でお食い初めをやってみました。

 

 

さて、こちらがお魚屋さんで購入してきたチコダイです。

f:id:matsurimama:20170425112246j:image

お魚屋さんがチコダイ、チコダイって言っていたのですが、正式名はヒレコダイだそうです。

参考:チコダイとは - 魚図鑑 Weblio辞書

 

 

自宅でお食い初め!何を作ったらいいの?

お食い初めの献立は、鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5品を用意します。

f:id:matsurimama:20170425112632j:image

わが家は、

  • ヒレコダイの塩焼き
  • 赤飯(買ってきた)
  • お吸い物(白だしで作った)
  • 煮物(人参と大根を醤油とみりんで煮た)
  • 香の物(人参と大根をすし酢であえた)

 

ちなみに、お吸い物にハマグリをいれるつもりだったのに忘れてしまいました・・・。

※二つに分けても、もとの貝殻としかピッタリと合わないことから、伴侶に恵まれるようにという意味が込められている

 

マメな子に育つように黒豆も添えました。

縁起ものであるかまぼこも。

 

香の物のなますは、夫のお母さんにレシピを教えてもらいました。作って写真を送ったら喜んでくれました。

 

タイのお皿に乗っている三角の黒い物体は歯固め石です。

近所の神社で、上の子はむにひろってきてもらいました。

お食い初めが終わったらちゃんと神社に返しました。

 

 

お食い初めのやり方はこちらをどうぞ。

 

こちらは儀式を行う姉妹の写真。

f:id:matsurimama:20170425112639j:image

 

ホントは年長者がやるんですけどね。

大事なのは気持ちですよね!

 

ビデオも撮ったので、2人が大きくなったら見せてあげたいです。

 

 

 さいごに

お食い初め、お店と自宅両方を経験しましたが、個人的には自宅のほうが楽で良かったです。

3ヶ月のおチビをつれてゆっくりご飯なんてできないですし。

 

宅配も良いんですが、作ってみるのもいいかな、といった軽い気持ちでやっちゃいました。

 

夫に魚を買いに行ってもらったのですが、「さばいてもらってきてね」と言ったのに「やだ。俺やりたい。」といって聞かなかったせいで、魚を切った包丁がボロボロになりました。固いエラとか切るもんね。

 

タイのさばき方はこちらが丁寧で良かったです。

牛乳パック必須。

あと、うろこでキッチンが汚れるのを防ぐため、大きめのビニール袋の中でうろこをとるといいですよ。(って夫が言ってた)

 

お椀の塗りとかにも決まりがあるんですが、色々完璧には行きませんでした。

完璧にしたい!っていう方は、やっぱりお店や宅配をオススメします。

 

でも、家族みんなで準備して楽しくできたので個人的には満足しています。