お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

お祭り育児だ!わっしょい!

上の子の赤ちゃん返りの様子を順を追って説明する【その①】

こんにちは。matsuriママです。

下の子が生まれて3ヶ月が経ちました。

上の子は3歳。

3歳児はむ、下の子が生まれてから赤ちゃんがえりをしていました。

 

(下の子にブログ上で名前がないのでそろそろ…。さちちゃんです。)

 

 

上の子はいつから様子がおかしくなったのか

妊娠発覚は上の子はむが2歳を少し過ぎたころ。

はむ、妊娠中はまったく赤ちゃんがえりすることもなく、イヤイヤ期?何それ?といったくらい育てやすい子でした。

 

ちなみに、2歳になる少し前に一度流産しています。

自然流産だったのですが、夕方から陣痛のような激しい腹痛に襲われ自宅で全て流れてしまいました。

夫が帰宅後すぐに病院へいき、帰宅すると、1歳だったはむが私のお腹を見ながら、「いなくなっちゃったね」といって泣いていたのを覚えています。

 

なので、おそらく赤ちゃんがえりはありませんでしたが、下の子出産まで、お腹の中に赤ちゃんがいたのは分かっていたと思います。

 

妊娠中、はむの様子が変わらなかったのは、私がはむのことが可愛くて可愛くてしょうがなかったからだと思います。笑

下の子が生まれたら、下の子を可愛がれるのか不安なくらい、はむが可愛くてしょうがなかったです。笑

 

あとは、夫が土日にたっっっぷりはむと外遊びなどに連れ出してくれて、つわり中の私をリフレッシュさせてくれたことだと思います。

そういう時間があると、子どもにも優しくできました。

激務なのに本当にありがたかったです。

(流産後から夫も変わった気がします。妊娠したら出産できる、それが当り前じゃないって分かったみたいで。)

 

 

はむの様子がおかしくなったのは出産直前でした。

 

私は里帰り出産をしています。

 

妊娠34週で里帰りしました。

39週で出産したので、1ヶ月間はむは大人に囲まれて楽しく過ごしていました。

 

はむが明らかにおかしくなったのは、私の入院最終日でした。

 

夫が立会出産を希望していたので入院前日から夫も私の実家へきていました。

久しぶりに会えるお父さんに、はむはテンションマックス。

私がいないのも全然平気な様子でした。

 

…ですが、仕事の都合もあり、入院最終日だけ、はむはお父さんと一緒にいられないことになってしまいました。

 

お父さんを駅で見送った帰り、はむは私の父親の前でこうつぶやいたそうです。

 

「はむちゃん、1人になっちゃったのよ…。はむちゃん、じゃまなのよ。」

 

2歳のはむ。

まだまだ、ちっちゃいちっちゃいはむ。

その夜は、録画してあったベイマックスを見ながら、私の父親に抱っこされて眠りについたそうです。

 

 

上の子の赤ちゃん返りの経緯

上の子はむの様子の変化を残したいと思います。

 

出産直後:寂しかったことを訴えてくる

その時の記事がコチラ。

 

すごくすごく良い子ちゃんだったはむ。

でも、退院当日の夜、二人きりになると、「さみしかったのよー!!」とワンワン泣きました。

それを聞いて私も涙。

 

産後数週間:肛門が痛いと訴えてくる

その時の記事がコチラ。

 

お腹が痛いという子をよく聞きますが、うちの子は肛門でした。

毎晩、肛門をナデナデしていました。じかに。

 

 

産後1ヶ月:癇癪をおこすようになる

この頃、里帰り先から自宅に返ってきました。

里帰り中は大人の手が沢山ありましたが、ここからは私一人。

(夫は激務で平日の育児にはほぼノータッチ。)

 

その頃の記事がコチラ。

 

私も怒ってばかりいました・・・。

下の子が泣いていると、どうしても上の子のゆっくり動作に付き合ってあげられなくなっていました。

 

これまでほっとんど私に怒られてこなかったはむ。

突然怒られるようになって、はむもどうしていいのか分からなかったと思います。

 

月齢的なものもあるのかもしれませんが、イヤイヤ、ダメ、がホントに増えました。

保育園にも通うようになったし、環境がガラリと変わったはむ。

 

私も上の子はむと下の子さちと3人でいるとどうしてもイライラしていました。

ホルモンバランスの乱れもあったと思います。でも、子ども相手にそんなこと言い訳になりません。

 

怒ってしまったあとに、ごめんねごめんねと謝る毎日。

DV彼氏かよ・・・って自分につっこんでいました。

 

産後2ヶ月:保育園に行きたくないと言い出す

これまで大好きだった保育園。

それに突然行きたくないと言い出しました。

 

私にも余裕がなく、はむに「ママ嫌い」と言われて「私もはむ嫌い!」と言ってしまいました。

はむは号泣。

 

このままじゃいけないと思い、保育園を休ませることもありました。

 

保育園をやすませたことが結果的にすごく良かったです。

○○時までに連れて行かなきゃ!といった私の中の焦りがなかったので、ゆったりとはむと過ごすことができました。

はむのしたいことをたくさんできて、はむもものすごく落ち着きました。

 

産後3カ月:夜泣き・爪噛みが始まる

その時の記事がコチラ。

 

はむ、お風呂が大好きなんです。

それなのに、下の子が一緒だと長く入っていられない。

それが一番のストレスだったみたいで。

下の子が早く寝てくれればゆっくりお風呂に入れます。そういう日ははむもものすごく落ち着いています。

 

ただ、毎日がそうはいかない。スイマーバ買おうかな・・・。