お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

お祭り育児だ!わっしょい!

『喜ぶ姿を見せる』って、相手を喜ばせようとするのと同じくらい大事かもしれない。

こんにちは!matsuriママです。

オロナミンCを飲んだおかげか陣痛がきました〜。

が、10分間隔の陣痛に、かれこれ12時間耐えております。縮まらない間隔…。

 

 

さて、うちの2歳児はむ。私を喜ばせるのがうまいんですよ。

 

この間、はむの手が冷たかったんです。

なので、はむの手を「ハ~ッ」と息で温めて、私の手でぎゅっとして温めてあげたんです。

そしたらはむ、

 

「は~。あっかいね~(あったかいね)。うれしいってなっちゃうね~。」

 

と言って、うっとりしながら私にすり寄ってきたんです。

 

激カワなんですよ。めちゃくちゃ可愛い。やばい。

 

相手が喜ぶ姿を見るのってうれしくないですか?

私はうれしいです!!

相手を喜ばせようとして、それを受けた相手が喜んでくれるとものすごくうれしいです。

サプライズプレゼントを喜んでくれたりするとすごくうれしい。

 

 

最近、はむは工作にハマッています。

折り紙をハサミで切って、テープで留めるのにハマッています。

 

そして、できた作品を私にプレゼントしてくれるんです。

作っている間、「ママびっくりするかな~。はむちゃん一人でくつって(作って)るのよ~。ママうれしいなっちゃうだろうな~。」と独り言を言っています。

 

そして、私に「ママ、はい。プレゼントよ。」と言って渡してくれます。

 

私「え?なんだろう~。わっすごい!!!これ誰が作ったの?」

はむ「はむちゃ~ん!」

 

私「えええええ!!はむが作ったの~!?すごいねー!!!」

 

「すごいね」で抱き合う、それが日課です。

そして「ママうれしいなるの、はむちゃんもうれしいのよ。」と言っています。

かわいい。

 

 

夫婦間でも喜ぶ姿を見せるのはきっと大事

夫、出張の時には必ずお土産を買ってきてくれるんです。

そこで私が気を付けているのは、『何を買ってきても喜ぶこと』。それだけ。

 

何か手伝ってくれたら、絶対に「えっ。やってくれたの?ありがとう!」と言っています。助けようとしてくれた気持ちに感謝。(普段やってくれないからホントにびっくりする)

 

誰だって相手の喜ぶ姿を見るのはうれしいですもん。

喜んでくれる姿を思い浮かべながら、プレゼントを選んだり、お手伝いをしたりするのかなぁって思うんです。

 

なので、私は割と大げさに喜びます。笑

嫌な顔をされることはまずありません。(もともと喜ぶハードルが低いので結構なんでもうれしいんですけどね)

 

 

色々書きましたけど・・・自分のことを喜ばせようとしてくれる相手が身近にいるってだけで幸せなんですよね。

 

 

これは、私を喜ばせようとコカコーラゼロを買ってくれようとしているはむ。

f:id:matsurimama:20170111071343j:image

 

 

子どもはもちろんなんですけど、夫のこともずっと喜ばせたい・喜ぶ姿を見せたい相手でありたいなあ・・・と思う、結婚4年目の今日この頃です。