お祭り育児だ!わっしょい!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お祭り育児だ!わっしょい!

素で愉快な夫と、夫似の愉快な長女はむ、冷ややかな目を持つ次女さちと暮らす、おたふく顔な私のブログです。

スポンサーリンク

結婚して良かったなぁ、って思いたいし、思われたいよね。

しくじり先生の再放送を見て泣きました。matsuriママです。

1/2にしくじり先生の再放送があって、かつみ♡さゆり先生の話を見ていたのですが、うっかり泣いてしまいました。

 

 詳しい内容はこちらのリンク先へどうぞ。

3ページ目だけを読んでもイイハナシダナーが伝わります。

shirutoku.info

 

 

こちらの放送、独身時代の二人の様子を説明した後、かつみさんに1億7千万円の借金があると知ったうえで、さゆりちゃんが結婚を決めるところから始まります。

 

(この時点で一緒に観ていた母親は「そんな男と結婚っていうか付き合う時点でもうありえん。」と一刀。笑)

 

 

この番組を観て、私を感動させたのは以下の言葉たち。

 

  • 悪くなった時に「相手のせい」と思うのではなく、上手くいった時に「この人のおかげ」と思ってやっていくこと
  • 家族って、自分の大切な家族が困った時に絶対見捨てない

 

特に2つ目をさゆりちゃんが言っているときは涙が流れました。

かつみさん、良い嫁つかまえたなあ。

さゆりちゃん、良い親に育てられたんだなあ。

 

 

悪くなった時に「相手のせい」と思うのって、クセになっていませんか?

何か悪いことが起きたとき、すぐ相手のせいにする人いますよね。

これ、夫婦間でやっちゃうとクセになっちゃいませんか?

  • 出かけるのが遅れた。夫が寝坊したせいだ。
  • 部屋が臭い。夫が靴下をリビングに放ったままだからだ。
  • うたたねしたら風邪ひいた。夫が布団をかけてくれなかったからだ。

ってバカバカしいことでも怒りの矛先が一方向にしかいかなくなるので。笑

(あくまで例ですよ。私のことじゃないですよ~笑)

 

 

「相手のせい」って思うとつらいんですよね。

自分じゃどうしようもないですし。なんの解決にもならない。責められるほうもつらい。

 

なんにも良いことないんだから、やめたほうがいい。

 

 

ちなみに、うちの夫は、どんなときも「相手のせい」にすることがありません。

物事に執着しないのもあるのですが、相手を責めることがないので職場でもプライベートでも心が乱れることがほとんどありません。(社内恋愛だったので職場での様子も知ってる)

 

 

一方、私は悪いことがあるとすぐ「相手のせい」にするほうでした。

 

ですが、夫と付き合うようになってそれを改善したいと思うようになってから、悪いことが起きたときこそ一呼吸おいて冷静になり、誰のせいだ!と責任の所在を考えるクセを改めたところ、ずいぶん生きやすくなりました。

 

自分の行動も見直すので、自身の成長にもつながるんですよね。

(周りからは「matsuriママは結婚してずいぶんまるくなった。大人になった。」とよく言われます。元が悪すぎました。)

 

 

夫が移動中に道を間違えても、「ドライブだよ~。曲がってなかったら事故にあってたかもしれないし良かったんだよ~。」くらいのジョークがいえるようになりました。

・・・昔なら道を間違えた夫にイラっとしてたかも。笑

 

ほんの少しの意識で10年後の自分は変わってくると思います。夫婦関係・親子関係も。

 

 

家族は、大切な家族を絶対に見捨てない

 

これね。これホント泣けました。

オレオレ詐欺とかはこれを利用していますよね。

大切な家族のためだったらポンッと数百万出しちゃうんですよ。家族愛ってすごいですよね。

 

私は絶対に2歳の娘はむを見捨てません。

さゆりちゃんを見ていて、夫に対してもそうありたい!と強く思いました。

そして、その気持ちを夫に伝えていきたいと思いました。

 

私は、あなたをぜったいに見捨てない。

 

そう思ってくれている人が一人でもいる、と自覚しているときっと人は強くなれますよね。

だから、何があってもドンっと構えていられる器のでっかいおっかちゃんに私はなりたいです。

 

日々精進!!がんばろう!