お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

お祭り育児だ!わっしょい!

子どもの昼寝を促すために始めたこと。

 こんにちは!matsuriママです!

お昼寝って何歳までさせれば良いんでしょうね?

夜の就寝に影響が出ないかぎり続けたいなーと思うのですがいつまでしてくれるかな。

f:id:matsurimama:20161217155435g:image

 

体力がついてきて昼寝をしなくなった

1歳の頃は13時前には必ず昼寝をしていたわが娘はむ。
ですが、最近は眠そうな気配を見せない・・・。
ドライブしても寝ない。(むしろ運転してる親が眠くなるから中止)
そんな休日が続いておりました。

 

寝る子は育つといいますし、しっかりお昼寝をしてほしいんです。
(というか妊娠後期の私が眠いからはむにも寝てほしい・・・)

保育園のお便り帳を見ると、園では毎日ちゃんとお昼寝しているみたいなんですよね・・・。
外遊びたっぷりしているからかなあ・・・。

そこでここ2週間ほど、昼寝してもらうにはどうしたら良いかいろいろ試してみました。

 

なぜ保育園では昼寝するのに、自宅ではしないのか

保育園では毎日12:30~15:00でお昼寝をしているはむ。
おうちではしない。この違いはどこにあるのか、それを探ることから始めました。

 

違い① 昼寝するのは自分だけか、否か

保育園:自分だけではなく、まわりの子どもも昼寝する
おうち:昼寝するのは自分だけ

保育園ではみんなでお布団を敷いて、みんなでおやすみなさいをして仲良くお昼寝します。
遊び相手がみんなお昼寝してしまえば自分も寝なきゃ・・・という気持ちになるでしょう。
そこで、違い①に対して、『おうちではお母さんが一緒に昼寝する』を導入しました。

 

違い② 昼寝をするときの服装

保育園:お昼寝用のパジャマを着る
おうち:それまで着ていた洋服

保育園ではお昼寝用パジャマが用意されており、お昼寝前にはみんなでお着替えします。
このことに私自身気づいていなかったのですが、はむ本人から「ねんねするときはパジャマ着なきゃまめ(ダメ)なのよ!」と注意が入り、ハッとしました。
そこで、違い②に対して、『お昼寝の前にパジャマに着替える』を導入しました。

 

違い③ お昼寝するときの明るさ

保育園:カーテンを閉めて少し暗くする
おうち:日光サンサン明るいお部屋

お昼寝の時に真っ暗にすると昼夜の感覚がつかなくなる、と赤子時代に聞いたため、これまで明るい部屋でお昼寝をさせていました。
ですが、はむはもうすぐ3歳。昼夜の区別はついているでしょう。
真っ暗にはせず少しくらい程度のほうが大人だってお昼寝しやすいです。
そこで、違い③に対して、『部屋を少し暗くする』を導入しました。

 

上記以外に導入した、お昼寝させるための取り組み

☆取り組み① 早起きさせる

地元は雪国で、この時期は7時台でもまだ暗いです。
そのため、放っておくと8時前まで平気で寝てしまいます。
私が起きるとつられて起きてくる寝起きの良い子なので、一緒に6時半頃起きることにしました。

 

取り組み② 午前中に頭(指先)と体を使う遊びをする

大人も頭を使った後は眠くなりませんか?また、運動した後も。
なので、雪遊びをしたり、畑へ行ったり、掃除を一緒にしたりして体を動かし、粘土やシール貼りをして指先を使う遊びをして集中させるようにしました。

 

取り組み③ お昼寝の前にトイレに行く

私自身、寝る前にはトイレに行くのが小さい頃からの習慣です。
『これをしたらお昼寝するんだ』といった流れがあるとスムーズにお昼寝できるかと考え、導入しました。

 

2歳児はむはお昼寝するようになったのか

結果からいうと、お昼寝するようになりました
ここ5日間は13:00~16:00まで寝ています。(長い)
15時頃一度起きそうになるのですが、夜はじいじと遊びたくて毎日ホクホク顔で待っているので少し夜更かしさせているためお昼寝時間を延ばしてトータルの睡眠時間を確保しています。(就寝時刻は21:00~21:30)

 

感覚的にですが、『パジャマに着替える』『少し暗くする』『早起きする』が効いているように思います。

天気の悪い日は寝つきが良いです。
北陸は基本、天気が悪いのでうれしい限り。

 

ただ、寝る前に毎日「はむちゃんもう一回遊びたいのよ~。ねんねしないのよ~。ママ起きた?起きた?ちがったー。ねんねだー。」と言って泣いています。
眠くてぐずっているのかなぁとも思うのですが、無理やり寝させているようでなんだかかわいそうな気持ちになります・・・。
でも、お昼寝はしたほうがいいですよね・・・?
『寝る子は育つ』コレ信じてるんですけどどうなんですかね。

 

可愛そうになったときは「ねんねして、起きたら、〇〇しようね~。」と昼寝から目覚めたあとの楽しいイベントを先に伝えるようにしています。
そうすると、顔がパアッとウキウキ顔になってパジャマにお着替えしてくれます。(わが子ながら単純)

 

もっと体力がついてくると本当に昼寝しなくなるんだろうなーと思いますが、寝れるうちは寝ていてほしいと思います。