お祭り育児だ!わっしょい!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お祭り育児だ!わっしょい!

薬に頼りすぎない子育てがしたい!家族の笑顔を増やしたい!子育てを「勉強」したい!そんなママのブログです。

スポンサーリンク

雪って食べられるの?お金をかけずに雪遊び!

どうも!matsuriママです。
私、昔雪にかき氷シロップをかけて食べていました。
夏に余ったかき氷シロップを冷蔵庫から持ち出して、庭の雪にぶちまけてスプーンも使わずにむしゃむしゃ豪快に行く怖い子どもでした。

 

そんな私の娘はむ。
教えてもいないのにこんな感じ。

f:id:matsurimama:20161216150228j:image
「はむちゃん氷だいすきなのよ~。」
と言って雪玉を手放そうとしません・・・。
冷えるやん・・・。

 

「雪って汚いんだよ」と言っても、「ちがうよ。ぴかぴかよ。」と言って睨まれました。

 

雪って食べられるの?

そもそも雪って食べられるのでしょうか?
(できるかできないかで言えば自分の例があるので食べられるんですけど。)

 

アメリカの科学雑誌にて、大気の専門家がこんな風に言っていました。

 

Everyone should eat snow because it’s really fun
(も~、ホンット楽しいからさ!皆も雪たべちゃうべき☆)


参考Is It OK To Eat Snow? | Popular Science

↓日本語解説されているサイトがありました

digzoom.com

水分子が雪になる過程で、ホコリや花粉を核にして結晶ができていきます。
上記サイトに書かれていることによりますと、このホコリや花粉(大気中のゴミ)はすごく小さくて、通常呼吸する際に吸い込んでしまうゴミと同じくらいだそうです。
ですが、積もっている雪はどんどん汚くなっていくようなので、お空にむかってあーんが最適だそう。

 

この雑誌では「OK!」と言っていますが、いろいろな意見がありますので、食べないに越したことはないですね。
汚いものであることには変わりないです。


どんなに美味しそうにはむが雪を食べていても、私は食べたくならないし。
昔あんなに食べてたのにな・・・。大人になるってつまらないな・・・。笑

 

雪遊びさせるときの恰好(お金をかけたくない)

里帰り先が雪国なので、ここ最近は2歳児はむと連日雪遊びをしています。
そこで困るのが遊ぶときの恰好。


こんなにたっぷり雪遊びさせることなんて今後めったにない・・・。そのためにスキーウェアやスノーグローブをそろえるのはちょっと・・・。というのが本音。

 

そこで、私が編み出した苦肉の策がこちら。

 f:id:matsurimama:20161216150251j:image

全部家にあったものなので、かかったお金ゼロ円。
突然雪が降ったので、買いに行く時間もなかったし。
(雪道運転慣れていないので車に乗りたくなかったし)

 

f:id:matsurimama:20161216150306j:image
どうですか?このフォルム。
個人的には可愛すぎてものすごい抱きしめたくなるんですけど。笑

まぁ、手袋くらいは買ってあげようかな・・・と思っています。
まだ1ヶ月いるし。・・・雪これからも積もるのかなぁ。

 

こんな格好でしたが、はむ本人はご満悦で雪だるまをバックにポーズを決めてくれました。

f:id:matsurimama:20161216150315j:image
ちなみに、顔は、変顔でした。