お祭り育児だ!わっしょい!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お祭り育児だ!わっしょい!

薬に頼りすぎない子育てがしたい!家族の笑顔を増やしたい!子育てを「勉強」したい!そんなママのブログです。

スポンサーリンク

ココアは何歳から飲んでもいいの?わが家の2歳児はココアが大好き!

どうもー!ココア大好き2歳児はむを育てるmatsuriママです。

f:id:matsurimama:20161213063431p:image
ちなみにはむは「ココア」が言えません。
「ママー。はむちゃんココ飲みたいのよ~。」と言います。「ア」どこ行った。

 

飲ませ始めた理由は、フォローアップミルクを飲んでほしいがため。
卒乳後の栄養不足が気になりフォローアップミルクを飲ませようとしたのですが、全然飲まず・・・。
ココア混ぜたらいいんじゃない?といった軽い気持ちで飲ませのですが、はむさん、とてもお気に召されました。

 

そこで今回は、ココアチャレンジの時に気になって調べたことと、はむにいつもあげているココアをご紹介します。

 

ココアは何歳から飲ませても良い?

森永製菓のHPによると、月齢の小さな赤ちゃんには刺激が強すぎるので与えないように、とのこと。

参考:ココアは何歳くらいから飲ませてもよいですか。 | 森永製菓株式会社

 

9ヶ月をすぎて「フォローアップミルク」を飲むようになったら、風味づけに純ココアをミルクに混ぜてもかまわないという回答でした。(1回量あたり耳かき1杯程度)
飲み物としてココアを上げる場合は1歳を過ぎて離乳が進んだ頃が良いそうです。。
ココアは食物繊維が豊富なため便のゆるみに気を付けるコト。

 

純ココアが推奨される理由は、ミルクココアが甘いため、甘味のあるフォローアップミルクに混ぜると甘味が強くなりすぎるという理由のようです。

 

ココアアレルギーは大丈夫?

ココアアレルギーと言うのを聞きますが、実際はココアというよりもその材料であるカカオに対するアレルギーです。
ちなみにワタクシmatsuriママもカカオアレルギーで、食べ過ぎるとノドがかゆくなります・・・。

  

一般的な症状として、頭痛、吐き気、腹痛、湿疹があげられます。
お子さんに何か症状が出たら与えるのを控えましょう。
代用品としてキャロブパウダーという、ココアに風味・味が似た食品があるようですが、そんな無理してあげなくても良いよね・・・というのが私のキモチ。

 

ココアを飲んでリラックス!記憶力もUP!

ホットココアを飲むと気持ちが落ち着きませんか?
あったかいから、というのもあるのですが、学生時代バイト先の店長がよく純ココアと砂糖を練ってホットミルクと混ぜて出してくれた時はホントほっとしたな~と今でも思い出します。


カカオポリフェノールには血圧を下げる効果、血糖値を下げる効果があるといわれているのでそれもリラックスできる要因なのかもしれませんね。

リラックス効果だけではなく、記憶力がUPするといった研究結果もあるようです。
参考:大学研究者「3カ月ココアを飲めば記憶力が10才若返る」


コロンビア大学の実験で、50~69才の被験者37人に1日900mgのココアフラボノイドを3カ月にわたって飲んでもらったところ、その後の記憶力テストの成績が10歳近く若返ったそうです。
データ数が37人と少ないのでまだまだ研究が必要な内容ではありますが、期待したいですよね~。

 

ココアのカフェインは子どもに悪影響を与える?

ココアのカフェイン含有量なんですが、「コーヒーの1/16」だとか「100ml当たり10mg未満」とか「100ml当たり30mg」とか・・・、書籍やサイトによって数値がぶれるんですよね・・・。(どれも少ないっちゃ少ない)


健康な大人であれば、1日400mgのカフェインが許容されるということですので、子どもにティースプーン1~2杯のミルクココアであれば問題ないだろうと判断して2歳のはむには与えています。(かるーく色づく程度)

 

2歳くらいであれば、森永、バンホーテン、明治、どの公式サイトでも特に飲ませないようにといった記述はありません。

牛乳多めで作ろう、夜中にはあげないようにしよう、といった程度。
(気になるママさんはあげないに越したことはないと思います。)

※ちなみに、ココアに似たミロの1杯分のカフェインは15mgだそうです。

 

私が2歳児に飲ませているココア

うちの2歳児はむは、森永の「牛乳で飲むココア」が大好きです。

www.morinaga.co.jp

f:id:matsurimama:20161213063255j:image
目を離すとココアパウダーをそのまま食べています・・・。

初めての購入時、ミロと悩んだのですが、カルシウム・鉄・ビタミンDのバランスが良かったのと、pH調整剤が含まれていなかったことから、「牛乳で飲むココア」にしました。

 

さいごに

最近、「アスミール」や「Dr.Senobiru」といったココア味の子どもの成長を応援する飲み物をよく聞くのですが高い・・・。
「自分でやりたい」年頃のはむなので、ココアを作るときにはバラバラココアパウダーをこぼします。
高い商品だともったいなくて口出ししてしまいそうなのでしばらくは森永さんにお世話になろうと思います。笑