お祭り育児だ!わっしょい!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お祭り育児だ!わっしょい!

薬に頼りすぎない子育てがしたい!家族の笑顔を増やしたい!子育てを「勉強」したい!そんなママのブログです。

スポンサーリンク

抗生物質を飲ませなかったから、中耳炎になった?

寝ていたら、うちの2歳児はむが耳の痛みを訴えて0時頃起こして来ました。

一晩中耳の後ろを撫でていました。寝不足です。

f:id:matsurimama:20161201210302j:image

 

matsuriママです。ども!

 

朝、はむの熱を測ったら38度ありました。

中耳炎だったらしく、左鼓膜切開を受けました。

 

 

6日前からずっと鼻水出していたしなぁ。

耳鼻科で鼻水吸ってもらって、カルボシステインだけ飲ませていました。

抗生物質も処方されていたんですけど、「細菌感染を予防するため」と聞いて、治す目的じゃないなら飲ませるのヤメヨと思って飲ませていませんでした。

 

耳鼻科にかかったのが土曜日。中耳炎で耳痛を訴えたのが次の水曜日。

 

 

あっ、これ抗生物質飲ませてたら中耳炎にならなかったのかも・・・?

といったお話です。

 

 

鼻水で受診した時にもらった抗生物質を飲ませていれば中耳炎にならなかったのか?

結果、NOだそう。

※中耳炎との診断を受けた病院は、鼻水で受診した際に行った病院とは違うところです。

 

抗生物質には得意不得意な分野があるので、鼻水の後の細菌感染を予防するために処方される抗生物質が、中耳炎の予防ができるかというとそうでもない。

とのこと。

 

「なので、抗生物質を飲ませなかったから中耳炎にかかったわけじゃないですよ。」

と薬剤師さんに言っていただけました。

(処方されたものはちゃんと飲ませろって言われると思ってた)

 

中耳炎の治療には中耳炎の治療のための抗生物質があるそうです。

発熱や耳痛がある場合は迷わず抗生物質を飲ませたほうが良い、とのことでした。

そうでなければ自然治癒を待っても良いかな、というところだそう。

 

たしかに、2歳児はむは耳痛と発熱で苦しそうでした。涙

自然治癒なんてまってらんないよ~。

 

(鼓膜切開が必要だったのか?というところもありますが、今回はすぐに熱もひいたし術後のはむの落ち着きを見ると受けて良かったなと思います。)

 

 

中耳炎を防ぐために抗生物質を飲むよりも、鼻水をしっかり吸引してあげることのほうが重要だと言われました。

(保育園に行ってると日中は難しかった・・・)

 

 

はぁ・・・鼓膜切開ほんとかわいそうだった・・・

知ってます?どんなことするか。

 

 

【子どもの中耳炎】鼓膜切開ってどんなことをするの?

はむの左耳がどんな状態だったかっていうと、鼓膜に白にきびができているかんじ。

膿がたまってぷっくり腫れていたんですね。

写真みただけでなんか痛そうでした。よく頑張ったなはむ。

 

で、耳に液体麻酔を流し込むんです。

そして10分待つ。

麻酔が効いてきたら針で刺して膿を出す!!それだけです。

 

簡単に聞えるんですが、はむは

「ママー!!!はむちゃんのママー!!たすけてー!!いたいよー!!」

と始終泣きわめいていました。涙

私腹ボテ妊婦なので看護師さんに抱っこされてたんです。

 

術後も全然泣きやまない。

「いたいよーいたいよー」とずっと抱っこを求めていました。

(でも先生には「あっとー」とありがとうしてから診察室を出れて偉かったです)

 

 

鼓膜切開怖い。

中耳炎を繰り返す子が多いと聞くので鼻水が出たらすぐに吸引&診察をしてもらいに病院に行きたいと思います。

 

ちなみにこれ高いけど便利です。よくとれます。

 

 

そして、今回のことをきっかけにおうちカルテを作り始めました。

 

 

子どもの病歴を把握するための『おうちカルテ』

f:id:matsurimama:20161201160607j:image f:id:matsurimama:20161201160618j:image

 

今回、中耳炎になったのを忘れたくないな、と思って。

いつ引っ越すかも分からないし、子どもの病歴くらい親である私がしっかり把握しておかなきゃな、と思いました。

 

鼻水を出しやすい、とか咳がでやすい、とか把握できれば日常生活でもどう気をつけてあげればいいか分かりますし。

 

はむの分と、第二子の分、2つバインダーも買って来ました。

気になることがあったら書き溜めていきたいと思います。

 

 

 

鼓膜切開から一晩経ったはむさん。

「おしり〜パンパンの〜わたし〜♩ありの〜ままの〜♩」ってご機嫌に歌えるくらい元気でーす。