お祭り育児だ!わっしょい!

お祭り育児だ!わっしょい!

夫と子どもと楽しく健康に過ごすをモットーに。

お祭り育児だ!わっしょい!

私は乳母になりたい…と思ったハナシ

こんにちは。matsuriママです。

乳母って、今もいるんですかね。日本で。

 

乳母 - Wikipedia

かつて、現在のような良質の代用乳が得られない時代には母乳の出の悪さは乳児の成育に直接悪影響を及ぼし、その命にも関わった。そのため、皇族王族貴族武家、あるいは豊かな家の場合、母親に代わって乳を与える乳母を召し使った。 

 

乳母って、平安時代とかそんな前のハナシらしいです…。

もう少し最近のことだと思っていました。

 

乳母になりたいと思った

つい最近、友達の子どもが700gで生まれてしまいました。

24週での出産でした。

 

その友達は、病院へ毎日母乳を届けています。

ですが、赤ちゃんに吸われていないせいか、一日10ccも搾乳できないことが多いそうです。

 

話を聞くだけでも悲しい。

「頑張ってしぼってもなかなかでない。母乳バンクがあるなら使いたい。」

そんなラインをもらって、私は安易に提案してしまいました。

 

 

「私、乳母になりたい。」

 

 

現代は簡単に乳母になれないらしい

友達は私の提案を気持ち悪がるどころかとても喜んでくれました。

そしてその日にすぐ看護師さんに乳母がアリなのか聞いてくれました。

 

ですが、看護師さんの答えは『NO』。

 

血液と同じですので、衛生面を考慮してお断りさせていただいております。

とのこと。

 

うん、まあ、そうだよね。

どうやって運ばれてきた母乳かわからないですもん。

アレルギーとかも怖いし、そもそも他人ですもん。

 

無理だろうなって9割くらい思ってたんですけど…

 

でもね、何かしてあげたかったんです…。

 

 

私は幸せなことに母乳が馬鹿みたいに出ます。

下の子が1歳を過ぎた今でもバンバンでます。

 

この、無駄になる母乳で他の赤ちゃんを救えるんじゃないのかな…。

欲しい人、いるでしょ…?(いない?)

 

母乳バンクがホントにあるらしい

ググったらでました。母乳バンク。

jhmba.or.jp

提供された母乳を低温殺菌処理したりするらしいです。

(そっか。やっぱり友達に母乳を簡単にあげたりはできないんだ。)

 

ドナー登録・検診のための施設がわが家から遠いのが難点…。

神奈川、東京、埼玉に4施設しかありません。

ぜんぜん、普及していないんですね。需要ないのかな…。

 

他人のおっぱいなんて嫌かな。どうなんだろう…。

衛生面の管理諸々、難しいってことなのかな。

 

 

どうか、未熟児で生まれてくる赤ちゃんのママたちの母乳が、湧き出るようになりますように。

 

3歳の娘が身内の死を経験して泣いていたハナシ

こんにちは。matsuriママです。

先日、私の祖父が亡くなりました。

急ではありましたが、苦しむことなく逝きました。

 

夫に付き添ってもらい、3歳の上の子はむと、1歳の下の子さちと一緒に、納棺から出席しました。

 

亡くなる5日前、私は子どもを自宅に置いて一人で帰省しました。

祖父のお見舞いに行くためです。

その時はまだ元気で、テレビ電話ではむともおしゃべりしていました。

 

私は日帰りで自宅に帰ったのですが、その翌日から体調がグッと悪くなり、そのまま静かに亡くなりました。

 

はむには保育園を休ませて、二泊三日で帰省しました。

 

正月以来、久しぶりの帰省。

下の子の里帰り出産の時には2ヶ月も一緒に生活していたので、遠くはありますが私の家族のことが大好きなはむ。

 

ひいおじいちゃんが亡くなったことを、ちゃんと理解しているのかしていないのか…。

まだわからない様子でした。

 

 

それよりも、久しぶりに帰省できることを喜んでいました。

 

横たわる祖父にはむは…

実家に到着した時、まだ祖父は納棺前でした。

はむは、到着してすぐに祖父の元へ行き、祖父の顔をベタベタ触り始めました。

 

「おじいちゃん冷たいね!!固い!!!ほら!ママも触ってごらん!!!」

 

笑いながらベタベタ触っていました。

誘われても私はさすがに触れられず…。

 

周りの大人たちは、「おじいちゃんも喜ぶね。」と言って誰も止めませんでした。

 

納骨、お通夜、お葬式…はしゃぎ続けたけれど、火葬のときは…

納骨からお葬式まで、妹のさちといとこの一歳半の女の子と3人で終始はしゃぎ続けたはむ。

(お経の間は3人ともずっと寝ていました笑)

 

お葬式の後、はむは、最後のお別れをすると言って祖父を撫でにいきました。

その時も、冷たい冷たいとはしゃいでいました。

 

 

そして、バスに乗って火葬場へ向かいました。

 

 

祖父が焼かれる…

 

 

…ふと、はむを見ると…

はむはボロボロ泣いていました。

 

ついさっきまではしゃいでいたのに。

 

 

「はむちゃん、おじいちゃんと遊びにきたのに。おじいちゃん、冷たいし、いなくなっちゃった。死んじゃった。」

 

 

それを聞いて私も嗚咽が止まらなくなりました。

 

死ぬって、悲しくて不思議

火葬場から帰り、軽くお食事会がありました。

その時も、一歳児2人を引き連れて、初めて会う親戚たちに元気に挨拶回りをしていました。

 

火葬場以外では終始ご機嫌だったはむ。

 

その日の夜、布団に入るとはむがこう言いました。

 

 

「ママ、おじいちゃん死んじゃったね。

はむちゃん悲しいし寂しいよ。

…でもさ、不思議じゃない?

おじいちゃんどこ行っちゃったんだろ。」

 

 

身内の死を経験するのは私も初めてでした。

火葬場へ行ったのも初めて。

 

悲しくて、でも不思議で。

 

はむは、私と同じレベルで死を理解しようとしていました。

 

 

死ぬって、なんだろう。

 

眠りにつくまで2人でおじいちゃんが死んだことについて話しました。

 

 

特に答えは出ませんでしたが、華が大きく成長した気がしました。

 

 

さいごに

小さな子供を連れてお葬式にでるか悩みましたが、私が上京するまで同居していた祖父だったので周りからは行くべきだと言われて出席しました。

 

はむがうるさいこともありましたが、祖父は絶対に喜んでいたと思います。

 

そして、はむはまた少し、大人になったと思います。

 

そして私も、大人になれた気がします。

 

 

市川駅前子どもの遊び場Kidful(キッズフル)に行ってきた!料金は?駐車場は?

こんにちは。matsuriママです。

先日、JR総武線市川駅前にある屋内遊び場『Kidsful(キッズフル)』に行ってきました。

www.kidsful.jp

キッズフルってどんなところ?

キッズフルは、どんな時でも「子どもがあそびを全力で満喫してほしい」をコンセプトにした、天候を気にせず遊びを全力で満喫できる場所です。

 

花粉が辛いこの時期にもってこい…雨の日、寒い日にもってこいの遊び場ですね。

 

ボルダリングができたり!!

f:id:matsurimama:20180311160221j:image

 

大きなボールプールがあったり!!

キッズフルのボールプール

 

中に入って転がれる空気のタイヤ(語彙力…)があったり!

f:id:matsurimama:20180311162227j:image

 

おままごやお店屋さんごっこができたり!

f:id:matsurimama:20180314130106j:plain

 

大きなアンパンマンとモフモフできたり!

f:id:matsurimama:20180311162302j:image

 

プリンセスになれたり!

(ドレスのクオリティが高い。110cmが3着、120cmが2着ありました。)

f:id:matsurimama:20180314130123j:plain

 

ベビーも変身できたり!

f:id:matsurimama:20180311162507j:image

 

マグフォーマー等で頭の運動もできたり!

f:id:matsurimama:20180311160122j:image

 

レースも楽しめたり!

f:id:matsurimama:20180314130138j:plain

 

わが家は3歳児と1歳児を連れて行きましたが、ものすごく楽しんでいましたね。

3歳児のほうは帰りたくない、お昼御飯も食べに行きたくない、と騒いでいました。

 

キッズフルの料金は?

キッズフルは2種類のプランがありました。

 

基本プラン:30分 400円( 以降30分ごとに200円)

フリーパスプラン:平日 800円 土日祝 1,000円

 

上記は一人あたりの料金です。大人も小人も同じ料金でした。(税込金額)

入場する際に、基本プランかフリーパスプランを選びます。入場後のプランの変更はできません。

 

基本プランは途中入退場ができないので、退場してお昼ご飯へ行ったりする予定がある場合や、2時間以上滞在する場合はフリープランをオススメします。

(フリープランは発行数に限りがあるようですのでお早目に…)

対象年齢は6ヵ月〜9歳です。

 

キッズフル内でご飯は食べられるの?

キッズフル内にあるカフェのメニューがこちらです。 

良心的なお値段ですね。

f:id:matsurimama:20180311160016j:image

飲食物の持ち込みは禁止なので、飲み物が安いのは嬉しいです。

(離乳食のみ持ち込みOK)

 

 カフェはこんな感じ。

f:id:matsurimama:20180314130155j:plain

 

カフェ横にウォーターサーバーがありました。

f:id:matsurimama:20180311160033j:image

 

フリーパスプランで入場している場合は途中入退場が可能なので、市川駅周辺の飲食店でランチを済ませることもできますね。

キッズフルがある市川ビル内にはイオンの食料品売り場が入っているので、そこでお昼を済ますこともできます。

 

ちなみに私たちは、近くの牛角で焼き肉ランチをしました。笑

牛角と同じビルにガストも入っていました。

 

トイレや授乳室、オムツ替えスペースは?

店内奥にこどもトイレがあります。 

f:id:matsurimama:20180311160049j:image

 

男の子用トイレが2つ。洋式トイレが1つ。

f:id:matsurimama:20180311160105j:image

 

大人用トイレは店外すぐのところにあります。

入場口横にスリッパがあるので、こちらをお借りしてトイレへ行きます。

大人用トイレにオムツ替えのベッドもありました。

f:id:matsurimama:20180311160151j:image

 

写真がないのですが、下駄箱の横に授乳室もありました。

 

駐車場、駐輪場は?

残念ながら専用駐車場はありません。

一番近くのコインパーキングに停めると2400円かかりました。(日曜の日中)

上限が2400円なのですが、キッズフルの入場料を考えると痛い出費~。次回からは自転車で行こうと思います。

駐輪場は市川ビル専用の駐輪場があります。

 

さいごに

転んでもぶつかって怪我をするような一切なく、安心して遊ばせることができました。

お外遊びで受ける刺激も大切ですが、ダメダメ言わずに見守れるこんな施設もありがたいですね。

ラインでお友達になるとお得なクーポン等が発行できるので、遊びに行く際は是非友達申請をしましょう。

 

雨の日でも元気に遊べますし、またお邪魔させていただこうと思います。

 

みんながちいさいちいさいっていうの。おどろくほどおおきいのに。

こんにちは。matsuriママです。

うちの年少さんなお姉ちゃんはむ。まだ身長が94cmしかありません。

クラスで一番おチビです。

 

そんなはむ。

ある日、保育園から帰ってくると、突然泣き出しました。

 

「みんなが『はむちゃんちいさいちいさい』っていうの。

はむ、おどろくほどおおきいのに!!」

 

号泣しながら訴えるはむ。

「おどろくほど」に笑いをこらえる私。

 

私「ちいさいの、かわいいのにね。」

はむ「はむもおおきくなりたいのよ。」

 

 

ちょっと前までは、小さいことにステータスを感じていたはむ。

 

www.matsuri-mama.com

 みんなにばかにされるようになったのか、早く大きくなりたいと言い出しました。

 

 

はむ「でもね…はむちゃん、カルシウム苦手なのよ…。」

 

はむ「あれもにがて。エイヨウ。」

 

はむ「みんなが言ってた。カルシウムとか、エイヨウとかを食べないと大きくなれないんだって。」

 

 

栄養が苦手ってなんだよ。笑

 

 

とりあえず、ほんとに泣きじゃくっていたので翌日先生に相談しました。

そのあと、先生も声かけしてくれたようでしたが、ごまかされて話をしてくれなかったようです。

 

 

外で弱みを見せないはむらしい。

 

保育園という社会で毎日頑張っているはむ。

仲間外れにされても、泣いたり先生に言ったりしないはむ。(かっこ悪いのは嫌らしい)

 

私の前では素直に泣けるように見守ってあげなきゃなーと思うこのごろです。

 

家族がインフルエンザ発症!子どもたちを感染から守るためにした5つのコト

こんにちは。matsuriママです。

先週、夫が会社の歓迎会で飲みすぎ、ホテルに泊ったらしく帰ってきませんでした。

普段忙しくて飲みに行く機会もそれほどないので、楽しかったなら良かったわ~…くらいに思っていました。

 

…が。

翌日帰ってきた夫が…

「俺、熱あるかも…。今日ずっと頭痛くてやばかった…。」

…と。

 

そう言いながらソファに座ってテレビを見ようとしたので制止。

 

「いやいやいや。手洗って。うがいして。ビタミン剤飲んで。っていうかもう寝て。すぐ。すぐ寝て。」

 

そう言って何も触らないように夫の寝室へ隔離しました。

 

その翌日。

熱がまだ下がらないのでずっと部屋に隔離。

午後から病院へ行ったのですが、インフルエンザのA型と診断されました。

 

 

あああああ。

下の子さち(1歳0カ月)…インフルエンザの予防接種受けてないのに…。涙

 

パパがインフルエンザを発症!子どもたちを守るために徹底したコト

もう、こうなると夫がバイ菌にしか見えなくなってしまいました。笑

 

普段、うがい手洗いもしない、栄養もちゃんととらない、睡眠もしっかりとらない。

飲みすぎてホテル泊まり、そしてインフルエンザ発症。

 

もう…夫がバイ菌にしか見えない…笑

 

…なんてことは本人には言いません。

「大丈夫?大丈夫?寝室で寝てな~。なんならずっと寝てな~…。っていうかホントお願い、出てこないで。」

くらい。

 

そして、子どもたち&自分にインフルエンザをうつさせないために以下5つを徹底しました。

 

  1. 部屋の換気を1時間に1回はする
  2. 夫(保菌者)が触ったところはすべて除菌シートで拭く
  3. 夫(保菌者)を隔離する
  4. 部屋を加湿する
  5. 子どもたちに栄養と睡眠をしっかりとらせる

 

①部屋の換気

空気感染を防ぎます。部屋の中にウイルスが充満してしまうのを防ぎます。

 

私は、夫(保菌者)いる部屋を数時間ごとにこっそり換気しました。

本人が「さむいさむい」とうるさいので、夫がトイレにたったときや、ご飯を運んだ時に、バーっと窓を開け放ちました。

(自分でやってほしい)

 

子どもたちがいるリビングは、1時間に1回、3分ほど窓を開けました。(窓は2つ開けました)

あと、夫が来た時も開けました。(トイレにいくためにリビングを通るので)

 

②保菌者が触れたところを除菌

接触感染を防ぎます。

夫が触れたであろう部分を除菌シートでフキフキします。

 

f:id:matsurimama:20180205141515j:image

電気のスイッチ、ドアノブ、冷蔵庫の扉、トイレの蓋…などなど。

 

子どものお出かけ用に、除菌シートはたくさんストックしてあったのでとても役立ちました。

トイレも、夫が入るたびに除菌シートでフキフキしていたので常にピカピカ。笑

 

夫が子ども(上の子はむ)にタッチした後、コッソリ上の子の手もフキフキ…。

 

はむ「とうさん、バイ菌なの?」

 

…そうだよ…バイ菌なんだよ…。

上の子はむが発症したら、確実に下の子さちにうつるんだよ…やめてくれよ…。

 

除菌シートは夫には内緒でやりました。

さすがに傷つきそう。熱でて辛いのにね。

 

③夫(保菌者)を隔離

インフルエンザは飛沫感染します。

なので夫は隔離隔離。

ご飯も部屋に運んで、夫が部屋から出られるのはトイレのときだけ…。

FODとTverAmazonプライムビデオで時間をつぶしてもらいます。

ジグソーパズルとけしごむハンコキットも渡しました。

夫、凝り性なので楽しそうでした。

 

④加湿

空気が乾燥していると、ウイルスが長く浮遊するそうです。

なので、部屋は常に50~60%に加湿しました。

そして、洗濯物は天気が良くても常に部屋干ししました。

 

⑤栄養と睡眠をとる

なにより大事なのは強いからだを作ること。

なので、立って食べようがなにしようが一切怒らず、ただただ栄養をとってくれることを第一に食事させました。

普段から2人とも偏食がちなので…。

 

下の子はパンばかり食べるので、ホームベーカリーをひっぱりだしてきて、野菜たっぷりのパンを焼いたりしました…。

そして毎日卵とバナナを食べさせました。(完全栄養食なイメージ。笑)

 

 

さいごに

インフルエンザ、ほんとに流行っていますよね…。

寝られるときには寝て、バランスのとれた食事をとって、強い体づくりをしていきたいと思います。

子どもにも、今のうちからうがい手洗いの習慣をつける手助けをしていきたいです。